So-net無料ブログ作成
ヨコハマあれこれ。 ブログトップ

三度目の正直ならず。 [ヨコハマあれこれ。]

先日、神奈川検定の横浜ライセンス2級の試験を受けてきました。
なんだか春分の日の恒例行事になってます…。
今年こそは! と意気込んで受けて参りましたが…またも撃沈。
来年も受ける羽目になりそうです。(毎年春分の日に開催されています)
…いや、受ける義務はないんだけれども。ハマっ子としては、2級くらいは取っておきたいなーと思ったりなんかして。

第一回試験で3級を取得。
二回目から2級にチャレンジしているのですが、これがなかなか手強い。
去年の第三回試験はあまりにも難しすぎて、合格者2名(確か合格率は0.5%程度だったかと)という結果。
さすがに今年はもうちょっと易しくなるかなーと踏んで、このチャンスに合格するぞー!と思ったのですが…。
100問中70問正解で合格なのですが、69点でした…。
あと1点! 悔しい~~~!!!
問題自体は易しくなっていたように思えるので、今年は合格者多いんじゃないかな…くそう。

今年は試験後に解答が配られて、すぐに答え合わせができるようになりました。素晴らしい!
ちなみに、次の日(本日)から、以下の公式HPでも問題&解答が確認できるようになってます。(期間限定らしいですが)
http://www.kanagawa-kentei.com/yokohama/data.html

ヨコハマについて勉強していくと、結局ヨコハマ以外の事も勉強しなくちゃいけないんだなー、と思い知ってます。
お恥ずかしい話、満州事変のきっかけが関東大震災や金融恐慌などだったとか、今更知りました…。
(学生時代、まったく勉強してこなかったもので…)

もう一つ、毎月講習を受けているスイーツ・ディプロマでも、日本のお菓子を知る為には世界のお菓子を知らないといけないし、世界のお菓子を知る為にはその国の歴史、環境などを知る必要があるし…という訳で、少しずつ世界史や地理の知識が身に付きつつあります。(本当に微々たるものですが…)

丸暗記しろ、と言われていた頃にはまったくやる気にならなかった『勉強』ですが、興味のある分野を取っ掛かりにしていくと、とっても楽しいものですね♪
そして、「やっぱりあの頃勉強しておけば良かった…」と後悔もしたりして。
一日中勉強だけしてればよかったなんて、なんて素晴らしい時代だったんだろう…。
そしてそれがいかに幸せな事だったのかに気付かなかった過去の自分の愚かさよ。

話が逸れてしまいましたが、『ご当地検定』オススメですよ。
みなさんのお住まいの地域にもご当地検定がありましたら、一度受けてみてはいかがでしょう?

そして私はいずれ北海道フードマイスター検定も取りたいなーと夢見てます。(その前に横浜2級ですが…)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

開港祭行けば良かった…! [ヨコハマあれこれ。]

今年は横浜開港150周年。
開港祭もきっと派手だったのだろうと思います。

31日はオフ会で、1日も所用があり。
昨日は横浜駅へ買い物に行ったのですが、歩き疲れて早々に帰宅。
(海王丸のセイルドリルを見に行こうかと思ってはいたのですが。)
しかし、頑張って行けば良かったよ開港祭…!!

弟が仕事で連日開港祭の会場に詰めていたのですが、1日は宮本佳那子さんがプリキュアの主題歌を、MAOさんがドラえもんの主題歌を、井上あずみさんがラピュタやトトロの歌を歌ったりと、豪華な子供向けライブが行われていた模様。
その割に人が少なくて(平日ですしね)、随分もったいない様子だったそうですが。
メイン会場のチェックしかしてなかったよー!
パシフィコ横浜の方で、そんなステキイベントがあったとは…。

昨日(2日)は、前日から引き続いての宮本佳那子さんとmaoさんに加え、串田アキラ氏がサンバルカンやギャバンやキン肉マンの主題歌を歌っていたそうではないですか!
その上、堀江美都子さんがキャンディ・キャンディやアッコちゃん、ルンルンやララベル等のメドレーなども…!
どうして行かなかった私! って言うか、メールよこせよ弟!(※仕事中です)

帰宅した弟にこの話を聞いて、うぎー!となったのは言うまでもない。

それから、キマグレンのライブにゆずがサプライズ出演して、ゆずグレンの初ライブも行われたようです。
絶対混むしなー、とこちらは最初から行く気がなかったのですが、行っとけば良かったかなー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

横浜中華街。 [ヨコハマあれこれ。]

ネタがないので横浜豆知識。

GWに昔のバイト先で小銭稼ぎをしてきたワタクシ。
そこの交換ノート(業務連絡1割、暇潰し9割の内容)に、『開国した時の通訳ってどうしてたんだろう?』という呟きが。
『鎖国してた日本に英語が堪能な人がいたと思えないし、海外にも日本語を話せる人がいたとは考え難い』と。

答えは『中国人』です。
開港して大量の外国人が押し寄せてきた横浜。
まあ、長崎の出島には、多少通訳のできる人がいたと思いますが、そんなものでは日々増えていく外国人に対応できません。(長崎は長崎で人が必要だし)
そこで商談を進めるため、外国の方々は通訳として中国人を雇ったのです。
元々中国文化を取り入れて発展してきた日本人。漢字だって元々は中国産です。
現在だって、中国語の文章を見て、何となく意味がわかったりしますよね。

ちなみに開港時の黒船『ポーハタン号』に乗っていた通訳は中国派遣宣教師のウィリアムズ。
広東やマカオで、漂流民から日本語を勉強したそうです。
(当時、漂流して他国に流れ着いたものの、鎖国令のために日本に帰れず、その地で暮らしていた漁師さんなどが結構いたようです)
ただし、読み書きの出来る漁師さんは少なく、ウィリアムズさんは「日本語は話せるけど、公的な文章なんて書けないよ!」という事で、中国の文人、『羅森』という人を連れてきたそうです。

ちょっと話が飛びましたが、通訳として雇われた『買弁(ばいべん)』と呼ばれる中国人が集まってできた街が『中華街』です。
長崎や神戸など、大きな港の近くに中華街があるのはそのためです。

※上記文章は、有隣堂の『有りん』(りんは隣のへんとつくりを逆にしたもの)、横浜ライセンス問題集の『よこはま百問』などを参考にしております。

さてさて、Y150開催中の横浜。中華街に観光に来られる方も多いかと思います。
横浜中華街のホームページはこちら→http://www.chinatown.or.jp/index.html

以下は私的中華街お薦めスポットをいくつかご紹介。

有名なのはやはり『関帝廟』と『マ祖廟』(マは女へんに馬)。

『関帝廟』は、三国志で有名な武将・関羽を祀った場所。義を貫いた生き方から、『関聖帝君』と呼ばれ、尊敬されています。(PSUの武器、『カン・ウー』もこれが語源ですよね)
約束を守る、というところから、信用を重んじる商業の神様としても崇められています。

『マ祖廟』は、航海安全の神様として『天上聖母』が祀られている場所です。海外への渡航、在住の際にお参りしてみてはいかがでしょう。他にも、国泰平安の『玉皇上帝』、金運招財の『福徳正神』が祀られています。

そして中華街といえば中華まんの食べ歩き!

まあ、だいたいどこのお店のものを食べても美味しいです。ふかしたてだし。
インスピレーションで選んでも、まずハズレはないと思います。

変り種でおすすめなのが老維新(ローイシン)の『パンダまん』。チョコあんで、お菓子感覚。
同じく老維新の『ブタ角煮まん』もおすすめ。コンビニの角煮まんよりも皮がふかふかで、何よりかわいいのです。
中華街大通りを歩いていけば、大きな看板が出ているのですぐわかると思います。善隣門寄りです。

それから、皇朝の『世界チャンピオンの絶品肉まん』もおすすめ。
他のお店の中華まんって、一個でお腹いっぱいになるサイズのものが多いのですが、ここのは小ぶりです。
中身は肉あんというより、肉団子が入っているような感じですが、この肉団子が肉汁を閉じ込めていて美味。
せっかく中華街に来たんだから中華まん食べたいけど、ちょっとでいいんだよなあ、という時にどうぞ。
中華街に数店舗ありますので、どこかしらで目に付くと思います。
一番空いているのは香港路の本店かな? 香港路自体が細くて、見落としがちなので。(路の入り口上に『香港路』と表示は出ていますが)

食べ歩きで疲れた時におすすめなのが『カフェ招福門』。
中華街って、意外にカフェ形態のお店がないので重宝します。
招福門の売店の2階にある、セルフサービスのカフェ。1階の奥で商品を購入して2階へ。
場所は市場通りと香港路の間です。

お土産ものが豊富なのはやはり『横浜大世界』のダスカマーケットでしょうか。かわいいもの、妙なもの、いろいろあります。南門シルクロードの天長門向かいあたり。
あとは『ぱんだ屋』とか。小さな店舗ですが、パンダがぎっしり。こちらも南門シルクロードのマ祖廟向かい、三角形の建物です。

他にもいろいろありますが、今回はこの辺で!
横浜良いとこ一度はおいで♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
ヨコハマあれこれ。 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。