So-net無料ブログ作成
検索選択

バイシャスの『バイシャス』 [クイシンボウバンザイ。]

今回買う予定は無かったのですが、店頭で見て気になったので。

スペイン・バルセロナの有名ショコラティエ、ジョアン・バイシャスのチョコレートです。
バイシャス箱.jpg
スペインのチョコレートと言うと、カカオ・サンパカとか、オリオール・バラゲとか、個性的なイメージがあります。
(そしてどっちもエル・ブジ関係なんだなあ、と思ったり)

バイシャス中.jpg
8個入り。
中にチョコレートの説明が書かれたカードが入ってます。
輸入元がベーグ・ジャパンだからか、包装の構成はブランさんのチョコレートに似ています。

ラズベリー(上段一番左):上にドライラズベリーが散らしてあります。
なめらかなラズベリーガナッシュで、とても食べ易いです。後味もカカオの苦味とラズベリーの酸味が半々くらいで残るかな。

ペッパー(上段左から2番目):ピンドット柄。
スパイスが程よく香ります。ペッパーのチョコレートと言うと、私はオリジンーヌ・カカオのものが一番好きなんですが、こちらはそれより風味は弱め。食べ易いと言えば食べ易いです。

レモン&ジンジャー(上段右から2番目):花型、ミルク地にダークチョコのストライプ。
ヘーゼルナッツの香りのするミルクチョコレートに、レモンとジンジャー。
食べ始めはレモンの風味が強いのですが、最後に残るのはジンジャー。
特徴的で、面白い味です。これは美味。

ココナッツ(上段一番右):ココナッツが散らしてあります。
ココナッツのホワイトガナッシュ。
ココナッツは苦手なんですが、妙な甘ったるさが無くて、このくらいなら好きだなあ。

コーヒー(下段一番左):ダイヤ柄。(市松模様の斜め版)
これは結構はっきりした味。コーヒーとダークチョコのガナッシュ。
焙煎されたコーヒーの苦味、香ばしさがしっかりと。

プラリネ&クッキング(下段左から2番目):楕円形、ダークチョコにホワイトのストライプ。
ヘーゼルナッツのプラリネにフィュティーヌ(砕いたパイ生地)。
ザクザクの食感が楽しい定番のチョコレートです。

ティー(下段右から2番目):赤と白の花柄(?)プリント
ローズティー…というかむしろローズのガナッシュ。
薔薇の僅かな酸味と、芳香が口の中に広がります。優雅な味。

オレンジ(下段一番右):オレンジのストライプ柄。
しっかりオレンジの香るミルクチョコのガナッシュ。
後味もカカオとオレンジの風味が残ります。

カードには他にもパッションフルーツ、カカオが紹介されていますが、今回販売されていたのは上記の8種のみ。

スペインのチョコレート、という事で構えすぎてたのでしょうか。
全体的に食べ易いチョコレート達でした。
刺激的ではないですが、優しい味の好きな日本人に受けそうです。
とは言え、レモン&ジンジャーとか、ティーとか、ひとひねりしたチョコレートもあるので、海外のチョコレートを食べ慣れている人にも満足してもらえるんじゃないかなあ。
懐の広いチョコレートです。

お値段は8個入りで2100円。
賞味期限は2月2日購入で、2月22日まで。
保存方法は、直射日光を避け、冷暗所で保存(16~18℃が適温)です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。